Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/akamatsu/foodstudy.jp/public_html/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 1249

事件の概要

  • 前橋市内の高校の食堂で調理提供された夕食を食べた234人中43人が食中毒症状
  • 発症者からウエルシュ菌が検出
  • ウエルシュ菌による食中毒と断定し、3日間の営業停止命令
  • 学生食堂は給食事業者にを委託
  • 食堂では、八宝菜やクリームシチューなどがバイキング形式で提供されていた

コメント(課題・問題点・防止策等)

  • ウエルシュ菌の解説にもあるように、カレーやシチューを前日調理などして時間が経過した場合に、食中毒を起こしている事例が多数みられます。
  • そういう視点で見ると、メニューにクリームシチューが含まれています。
  • 提供日も特定されておらず3日間の間に喫食したとなっています。
  • バイキング形式ということで、数日にわたって次々に足していった可能性もあります。
  • 通常の食堂なので保存食等はないと思いますので、原因食材を断定するのは難しいかもしれませんが、いつ調理したか、有症者の喫食調査により統計で、ある程度判明するとは思います
  • 原因食材がニュースとして報道されることはないと思いますが、行政の食中毒の最終調査結果が数か月後に報告されるので、そこに原因食材が書かれている可能性はあります。

前橋市 報道発表資料 食中毒の発生について (令和4年4月26日(火曜日)発生)

ホーム 暮らし・手続き 暮らしの安全・安心 食品・衛生 食の安全 食中毒情報 食中毒の発生について (令和4年4月26日(火曜日)発生)

食中毒の発生について (令和4年4月26日(火曜日)発生)

前橋市内の医療機関から、「寮生活をしている7人が、今朝から腹痛、下痢の症状を発症して当院を受診した。発症時間及び症状から、寮で提供されている食事が原因の食中毒ではないかと疑っている。」との電話連絡があり、調査しました。

その結果、当該施設で提供された食品を原因とする、ウエルシュ菌による食中毒と断定しました。
事件の概要は以下のとおりです。

概要
原因施設
施設名:前橋育英高等学校 学生食堂

所在地:前橋市****

営業者(給食受託業者):合同会社ビーグラッド(前橋市総社町*****)

代表者 ****

違反内容
食品衛生法第6条違反

(不衛生食品の調理提供による食中毒発生)

調査結果
原因施設が令和4年4月25日から27日の間に夕食として調理・提供した食品を食べた234人中43人が食中毒症状を呈していることを確認し、以下のことが判明しました。

・発症者の共通食は原因施設で調理・提供された食品のみでした。
・発症者の症状はウエルシュ菌による症状に合致していました。
・発症者の便からウエルシュ菌が検出されました。
・発症者を診察した医師から、食中毒発生届が提出されました。
・施設内での感染症を疑うエピソードはありませんでした。
以上により、当該施設が調理・提供した食品による食中毒事件と断定しました。

施設の措置
・営業停止命令3日間(令和4年5月1日(日曜日)から令和4年5月3日(火曜日))

指導内容
・施設の衛生確認及び営業者への衛生指導

ウエルシュ菌
・ウエルシュ菌は人や動物の腸管内、土壌、水中など自然界に広く分布しています。自然界に分布する菌は熱に弱いものが多いですが、食中毒を発生させる菌は、熱に強い芽胞を作り、エンテロトキシン(毒)を産生して、下痢などを起こします。

主な原因食品
・カレー、シチュー、煮物、大量に調理した食品

発病までの時間、及び主な症状
・感染後、6~18時間(平均10時間)で発症し、腹痛、下痢が主な症状で、比較的軽いことが多い。

予防・対策
・前日調理はせず、加熱調理したものはできるだけ早く食べる。
・一度に大量の食品を加熱調理しない。
・加熱した食品は、小分けするなど工夫して速やかに冷却する。

https://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi_tetsuzuki/7/4/1/1/32838.html

ニュース記事の紹介

※下記に紹介している記事や動画は時間の経過とともに削除される場合がありますのでご了承ください。また、新しいニュースがあれば追加します。

【読売新聞】前橋育英高の学食で食中毒、43人が下痢や腹痛訴え…シチューなどバイキング形式で提供 2022/05/02

前橋育英高の学食で食中毒、43人が下痢や腹痛訴え…シチューなどバイキング形式で提供
2022/05/02 07:17

 前橋市は1日、前橋育英高校の学生食堂で集団食中毒が発生したと発表した。食堂を利用した生徒ら43人が下痢や腹痛などを訴え、このうち6人から食中毒の原因となるウエルシュ菌が検出された。全員が快方に向かっているという。
前橋育英高(前橋市)

 発表によると、4月25~27日に食堂で夕食を取った234人のうち、15~21歳の男性40人と女性3人が発症した。

 食堂では、八宝菜やクリームシチューなどがバイキング形式で提供されていた。市は食堂を5月1日から3日間の営業停止処分とした。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20220501-OYT1T50186/

【産経新聞】学生寮の食堂で43人食中毒、いずれも軽症 前橋 2022/5/1

学生寮の食堂で43人食中毒、いずれも軽症 前橋
2022/5/1 19:29

前橋市保健所は1日、市内にある前橋育英高の学生寮の食堂で、ウエルシュ菌による食中毒があったと発表した。食事した生徒ら234人のうち43人が下痢や腹痛を訴えたが、いずれも軽症で快方に向かっている。

食事を提供した「合同会社ビーグラッド」(同市)に対し、同日から3日間、この食堂での営業停止処分にした。

市によると、生徒らは4月25~27日、夕食に八宝菜やチキンソテーを食べ、26~27日に発症したという。

https://www.sankei.com/article/20220501-BENROQXBZZLDNE24CVDMSETPOA/

【NHK群馬 NEWS WEB】前橋育英高校の学生食堂で食中毒 43人が腹痛など訴える 05月01日

群馬 NEWS WEB

前橋育英高校の学生食堂で食中毒 43人が腹痛など訴える

05月01日 20時08分

先月下旬に前橋育英高校の学生食堂で出された食事を食べた生徒ら43人が腹痛や下痢などの症状を訴え、前橋市は食中毒と断定し、食堂の運営会社を3日間の営業停止処分としました。

前橋市保健所によりますと、先月27日に市内の医療機関から「前橋育英高校で寮生活をしている7人が体調不良を訴えている」と連絡がありました。
保健所が調べたところ、高校の学生食堂を先月25日から27日の夕食時に利用した前橋育英高校の寮生のほか、系列の「育英大学」の学生、合わせて43人に腹痛や下痢などの症状があり、一部の生徒らからウエルシュ菌という細菌が検出されたということです。
保健所は食堂の食事が原因の食中毒と断定し、運営会社の「ビーグラッド」を今月1日から3日間の営業停止処分としました。
入院した人はおらず、全員が快方に向かっているということです。
ウエルシュ菌はカレーやシチュー、煮物、大量に調理した食品が原因になることが多く、前橋市で発生したのはおととし以来だということで、保健所は、調理したあとはなるべく早く食べたり、すぐに冷却して低温で保存したりするよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20220501/1060011853.html

投稿者プロフィール

赤松靖生(消費者法務と食品の専門家)
赤松靖生(消費者法務と食品の専門家)
◆神戸大学農学部畜産学科(昭和61年4月入学)・神戸大学大学院農学研究科(平成4年3月修了)
◆神戸市役所(平成4年4月入庁、平成26年3月退職)
「平成4~13年 保健所等での衛生監視業務(食品衛生・環境衛生・感染症対策)」
「平成14~24年 消費生活センター 技術職員(商品テスト・相談対応支援・事業者指導)」
◆一般社団法人はりまコーチング協会(平成26年4月設立、代表理事就任)
◆食品分野のダブルの専門家としてサポートします
元保健所食品衛生監視員として「食品表示法」をはじめとした食品衛生
元消費生活センター職員として「景品表示法」をはじめとした消費者法務
◆食品関連企業・商工会・給食施設等で研修実績あり(口コミ紹介が多い)