給食

異物混入
児童福祉施設の給食のご飯に糸状の金属片が混入・私物の金入りスポンジが原因(鳥取・2023年5月)

【私物の持ち込み禁止の徹底】◆児童福祉施設の給食に約1センチの糸状の金属片が混入。児童が茶碗にご飯をよそった際に発見。食べる前に気付いた。◆前日の後片付けで、焦げた釜を洗う際に使った金入りスポンジの破片が誤って炊飯器に混入した可能性が高いとのこと◆
金入りスポンジの使用は禁止されていたが、委託業者の調理員の私物で、今後は委託業者が定めたものを使用するよう確認した

給食
保育所のおやつのカステラの敷紙を5人の園児が誤って食べる(大阪・2023年2月)

■保育所において、おやつとして提供したカステラの敷紙を児童が誤食5歳児クラスの児童1名と3歳児クラスの児童4名の合計5名の児童の誤食が判明■カステラは個包装になっていて、3歳児以上のクラスでは、園児が自分で開封して食べることになっていた■5歳児クラスでは職員が児童に敷紙を取り除くことを伝えたが、3歳児クラスでは伝えていなかった■敷紙がついている菓子を提供する場合は、その受け渡し時に職員間での情報共有を徹底し、安全を確認したうえで菓子の提供を行うよう指導するとのこと

異物混入
給食の八宝菜にフードスライサーから脱落した金属製のワッシャーが混入(佐賀県・2023年1月)

◆金属製ワッシャーは直径約2㎝◆給食の八宝菜を児童が口に入れようとして舌にあたり気付いた◆フードスライサーの刃を交換する作業中にボルトを緩めすぎて抜けて、ワッシャーの脱落に気付かず、裁断した野菜に混入◆

異物混入
小学校の給食の「鮭そぼろご飯」に金属片が混入・原因は「炊飯釜の老朽化」(広島・2022年11月)

◆6年生の児童が給食の「鮭そぼろご飯」に数ミリの金属片のようなものが混入しているのを発見し、食べずに担任に報告◆小学校では、給食のおかずは校内で調理しているが、米飯は委託業者から納入されていて、この日の「鮭そぼろご飯」は業者から納入されたもの◆後日調査結果として、異物は「アルミニウム、ケイ素、鉄、銅などを含む金属」で、原因は「老朽化した炊飯釜の一部が剥離した」と公表再◆発防止策として、「炊飯釜の再加工・買い換えと定期点検の徹底」をあげた

異物混入
小学校の給食の肉じゃがに金属片が混入・ステンレスしゃもじの先端の削れ(千葉・2022年12月)

【さすがに発見するのは困難な事例かも】◆給食の肉じゃがに、長さ約2センチの糸状の金属片2本が混入◆2年生の教員が自身の肉じゃがに金属片1本が入っていることに気づいた。その後、6年生の児童の肉じゃがでも見つかった。◆肉じゃがを回転釜で調理する際に使用した大型のステンレス製しゃもじの先端が釜と接触して削れ混入

異物混入
【原因はザルの破損】こども園の給食の中華煮に1.5センチの針金が混入(新潟・2022年11月)

【金属製のザルを使わずプラスチック製のザルを使うと改善策もあります】◆こども園の給食の「豆腐の中華煮」◆5歳の園児が、口の中に異物があることを感じ、取り出した◆長さ1.5センチメートル程度の針金◆この針金は給食調理で使用したザルの一部で、つなぎ目の部分が破損して混入したもの◆ザルは切った野菜や肉を入れておくのに使用していた◆教育委員会では、全保育園・こども園・小学校・中学校へ事故について情報を共有し、各施設の点検と再発防止について周知を行った

給食
給食のお好み焼きで卵や山芋のアレルギー症状(大阪・2022年11月)

◆小・中学校で給食の「お好み焼き」を食べた8人が腹痛などのアレルギー症状◆8人にはいずれも卵アレルギーや山芋アレルギーがあった◆給食センターでは、卵と山芋を使わないお好み焼きを業者に発注していた◆業者が誤ってどちらも使ったお好み焼きを納品してしまった◆給食センターから発注を受けた業者が、製造会社に卵や山芋を使わないよう伝えていなかったほか、納品された「お好み焼き」の原材料の表示を確認しないまま学校に提供◆給食センターも、納品の際に気づかなかった◆学校から保護者に配られていた献立表のアレルギー表示に卵と山芋は記載されていなかった

給食
小学校の給食で小麦アレルギーの児童に誤って小麦入りハンバーグを提供(大阪・2022年11月)

◆小麦アレルギーのある小学3年生の男児に誤って小麦が使われた給食のハンバーグを提供◆約30分後、のどのかゆみや唇のしびれなどの症状がでて、その後、救急搬送(症状改善、念のため入院)◆事前に個別の献立表でアレルギー物質の有無をチェックするよう指示していたが、教師の見落としが原因と説明◆再発防止に向けて、各学校に対し食物アレルギーに関する適切な対応を改めて周知徹底

異物混入
小学校の給食の「せんべい汁」にスライサーのネジが混入(静岡・2022年11月)

【使用後にねじが脱落していないかという点検が重要】◆小学校の給食の「せんべい汁」に金属ねじ1本が混入◆金属ねじは直径およそ9㎜、長さおよそ5㎜児童が口にする前に気づいたた◆自校で給食を調理していて、原因は、給食室の調理器具の「スライサー」のねじが、野菜をカットした際に外れたとみられる