異物混入
【原因はザルの破損】こども園の給食の中華煮に1.5センチの針金が混入(新潟・2022年11月)

【金属製のザルを使わずプラスチック製のザルを使うと改善策もあります】◆こども園の給食の「豆腐の中華煮」◆5歳の園児が、口の中に異物があることを感じ、取り出した◆長さ1.5センチメートル程度の針金◆この針金は給食調理で使用したザルの一部で、つなぎ目の部分が破損して混入したもの◆ザルは切った野菜や肉を入れておくのに使用していた◆教育委員会では、全保育園・こども園・小学校・中学校へ事故について情報を共有し、各施設の点検と再発防止について周知を行った

給食
給食のお好み焼きで卵や山芋のアレルギー症状(大阪・2022年11月)

◆小・中学校で給食の「お好み焼き」を食べた8人が腹痛などのアレルギー症状◆8人にはいずれも卵アレルギーや山芋アレルギーがあった◆給食センターでは、卵と山芋を使わないお好み焼きを業者に発注していた◆業者が誤ってどちらも使ったお好み焼きを納品してしまった◆給食センターから発注を受けた業者が、製造会社に卵や山芋を使わないよう伝えていなかったほか、納品された「お好み焼き」の原材料の表示を確認しないまま学校に提供◆給食センターも、納品の際に気づかなかった◆学校から保護者に配られていた献立表のアレルギー表示に卵と山芋は記載されていなかった

給食
小学校の給食で小麦アレルギーの児童に誤って小麦入りハンバーグを提供(大阪・2022年11月)

◆小麦アレルギーのある小学3年生の男児に誤って小麦が使われた給食のハンバーグを提供◆約30分後、のどのかゆみや唇のしびれなどの症状がでて、その後、救急搬送(症状改善、念のため入院)◆事前に個別の献立表でアレルギー物質の有無をチェックするよう指示していたが、教師の見落としが原因と説明◆再発防止に向けて、各学校に対し食物アレルギーに関する適切な対応を改めて周知徹底

異物混入
小学校の給食の「せんべい汁」にスライサーのネジが混入(静岡・2022年11月)

【使用後にねじが脱落していないかという点検が重要】◆小学校の給食の「せんべい汁」に金属ねじ1本が混入◆金属ねじは直径およそ9㎜、長さおよそ5㎜児童が口にする前に気づいたた◆自校で給食を調理していて、原因は、給食室の調理器具の「スライサー」のねじが、野菜をカットした際に外れたとみられる

食品衛生
給食に賞味期限切れの生クリームを使用(埼玉・2022年11月)

【家庭では問題ないが学校給食では衛生管理の徹底が必要】◆翌日使用する生クリームが納品され冷蔵庫保管し、当日に生クリームを使用したが1本余り冷蔵庫保管。◆別の日に、翌日使用する生クリームが納品され冷蔵庫保管し、当日に生クリームを使用したが、前回余った生クリームを使用したことに気付いた。◆間違えて使用した余っていた生クリームは賞味期限が切れていた。◆賞味期限切れの生クリームは、学校給食献立のクリームシチューに使用し児童生徒144名及び教職員92名に提供した。

異物混入
こども園の給食の「ほうれん草ソテー」にガラス片が混入(福島・2022年11月)

【調理で使用したオリーブオイルの瓶にひび割れなどが確認されていて、欠損した一部が混入】◆こども園で給食の「ほうれん草ソテー」を食べていた園児2人が「口の中がじゃりじゃりする」と訴えた。◆飲み込む前に口から出すとガラス製で透明の異物3個が見つかった。◆異物の大きさは3ミリが1個、1ミリが2個で、いずれも球状だった。

異物混入
虫が混入したツナ缶の下請けに1億3千万円の賠償命令地裁判決(静岡2022年11月)

◆2016年10月に山梨県内のスーパーで販売されたツナの缶詰にゴキブリの混入が発覚◆静岡市のはごろもフーズが販売し、下請け事業者が製造◆はごろもフーズが2017年11月に損害賠償など約8億9700万円の支払いを求め訴訟◆静岡地裁の判決で、下請事業者に1億3100万円余りの支払いを命じた◆下請事業者は「事故が発覚した後、製造契約を打ち切られ、事業が廃止している状況の中、さらに1億円を超える支払いを命じられることはあまりにも酷だ」として控訴する方針

給食
宿泊体験学習で食物アレルギーのある児童にアレルゲンのある食事を誤って提供(神奈川・2022年11月)

【今回のような課外活動において、ちょっとした瞬間にミスが起こることがあります】。◆宿泊体験学習に来ていた市内小学校の児童1人へ、事前に報告されていたアレルゲンが入った食品を誤って提供◆事前にアレルギー対応食を準備していたが、担当スタッフが一時的にに離れた際、配膳を担当する別のスタッフ確認せずに誤ってアレルゲンが入った食品を提供

食中毒
保育園の給食でカンピロバクターによる集団食中毒(千葉・2022年10月)

【鶏肉はしっかり加熱しましょう、手も洗いましょう】◆保育園の118名(園児92名、職員26名)のうち、28名(園児15名、職員13名)が食中毒症状◆共通食品は、保育園の給食施設が提供した食事に限られており、患者からカンピロバクターが検出されたため、保育園の給食施設を原因施設とする食中毒と断定し、使用停止処分◆原因食品は特定されていないが、原因となった給食のメニュー、(主な献立)ミートローフ(鶏肉)、きのこごはん、ほうれんそうのおひたし、味噌汁